ご利用規約


合同会社Uni China(以下、甲とよぶ)は、甲が運営する「Uni China オンライン中国語」上で提供する全てのサービス(以下、当サービスとよぶ)を 当サービスの申込み希望者および利用者(以下、乙とよぶ)が利用することに関して以下の利用規約を定め、乙は当サービスの利用をもって利用規約を了承したものとみなします

<第1条>
当利用規約の範囲
本規約は、甲が提供するサービスを利用する全てのユーザーに適用されるものとします。
また、甲のウェブページ(以下、「当ウェブ」という)に加え、甲が電子メール等を介して乙に対して発信する情報も含みます。
<第2条>
当サービスの登録
乙は、甲が定める手段にて当サービスへの登録申し込みを行うものとします。
なお、乙は、当サービスの登録にあたり、下記の事項を確認し、同意する必要があります。 乙のサービスの登録を以て、これらの事項を確認し、同意したものとします。
① 乙が未成年の場合、親権者等法定代理人の同意を得ること。
②通信環境が当サービスの利用に支障が無いことを確認すること。
③当サービスを利用するにあたってはSkypeのインストールが必要であること。
④乙は甲の指定する決済方法により利用料金を支払うこと。
⑤甲が提供する講師の中には、甲の正社員・パート・アルバイトだけでなく、外部の講師も含まれること。
⑥乙に対して当サービスに関する電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施することができること。
⑦レッスン時、通信環境の状況によっては、音声のみのレッスンとなる場合があること。
⑧講師側の都合により、代替講師によるレッスンもしくはキャンセルになる場合があること。
⑨サービス向上の為、乙の問い合わせ内容を記録、録音、保管すること。
<第3条>
登録情報の拒否および抹消
乙が下記に定める事由に該当する場合、甲は、当該登録申込を拒否することができ、また、登録がすでに完了した場合でも、当該登録を取消すことができるものとします。
①乙が実在しない場合
②乙が複数の登録を行った場合
③乙が登録の際に記入した情報に虚偽又は誤記、記入漏れがあった場合
④甲が指定した決済方法について、乙による入金が確認できない場合。
⑤乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の何れかであり、登録の際に保護者、法定後見人等の同意を得ていない場合。
⑥乙が暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員の場合またはその虞がある場合。
⑦乙が別記項目に定める禁止行為を行った場合
⑧過去に甲により登録を取り消されている場合
⑨その他、当サービスの利用者として不適当であると甲が判断する場合。
<第4条>
パスワードの取り扱い
• 1項
乙は、甲から発行されたパスワードの管理及び責任についての一切の責任を負うものとします。
• 2項
乙はパスワードを第三者に譲渡、貸与してはならないものとします。またパスワードを第三者に使用させてはならないものとします。
• 3項
パスワードが第三者に不正に使用されている疑いがある場合、乙は速やかに甲に対して連絡を行い、指示に従わなければならないものとします。
• 4項
パスワードの使用上の過誤又は第三者の不正使用等による不利益、損害、改ざん等については、当該パスワードを保有する乙が一切の責任を負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
<第5条>
登録情報の変更
乙は自身の登録した情報に変更があった場合、甲が定める手段によって遅滞なく登録情報変更の手続きをするものとします。
なお、甲は、乙が同変更手続きを遅滞したことにより損害等を被った場合でも、同損害に対して、一切責任を負わないものとします。
<第6条>
禁止行為
• 1項
乙は、当サービスの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。
①乙が当サービスを利用する権利を他者に譲渡、使用、売買、名義変更、質権の設定、担保に供すること。
②パスワード等を第三者に譲渡、貸与等することまたは第三者に使用させること。
③甲の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、プライバシーを侵害すること。
④違法行為、公序良俗に反する行為。
⑤当サービスの運用を妨げる行為。
⑥当サービスを営業行為、営利目的およびその準備に利用する行為。
⑦当サービスの他の利用者・講師らに違法行為を勧誘または助長する行為。
⑧当サービスの他の利用者・講師らが経済的・精神的損害、不利益を被る行為。
⑨犯罪行為および犯罪行為に結びつく行為。
⑩講師らへの嫌がらせや、不良行為などレッスンおよびチャットの進行を妨げる等のハラスメント行為。
⑪講師らの雇用条件やコールセンターの場所、インターネット回線など甲の一般的に開示していない機密情報を詮索する行為。
⑫講師に甲の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為。
⑬カスタマーサポートスタッフへの暴言・脅迫行為、またはカスタマーサポート業務の進行を妨げる行為。
⑭ひとつのアカウントを複数人で利用する行為。
⑮複数のアカウントを登録する行為。
⑯意図的に虚偽の情報を登録・発信する行為
⑰ その他、甲が不適当と判断する行為。
⑱当社を介さずに講師と直接レッスンの予約および金銭の受け渡しをする行為。
• 2項
乙は、前項に違反する行為に起因して甲または第三者に損害が生じた場合、当サービスからの退会後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も甲を免責するものとします。
<第7条>
電子メールによる通知
• 1項
甲は当サービスに関わる重要な情報を発信する場合には電子メールを以て通知するものとします。
• 2項
甲の電子メールによる通知は乙が登録情報に記載したメールアドレス宛に発送され、本メールアドレスへの発送を以て通知が完了したとみなします。
• 3項
乙が登録したメールアドレスに不備、誤記載、登録の変更漏れがあった場合、または受信設定の変更を怠ったことで甲からのメールを受信できなかったことにより発生した事象に対して、甲は一切の責任を負わないものとします。
<第8条>
中国語レッスン
• 1項
レッスンは、1レッスンを25分間とします。なお、レッスンの時間は、特段の定めがない限りいかなる場合も中断されないものとします。
• 2項
乙がレッスンの開始時刻の経過後、甲または当該レッスンを担当する講師からの問いかけに開始後10分以上応答しない場合、甲は、乙がレッスンをキャンセルしたものとみなし、当該レッスンを終了することができるものとします。
なお、この場合レッスンポイントは返還されません。
• 3項
甲は、乙がレッスンへの無断欠席を繰り返し行った場合、乙に対して、警告、改善指示等を行うことができるものとします。なお、同指示等に従わない場合、甲は、乙に対して、当利用規約第6条の処分等を行うことができるものとします。
<第9条>
レッスンの予約
• 1項
乙は、レッスンの予約について、12:00~24:00のレッスンの場合は当該レッスンの開始時間の3時間前までに、7:00~11:30のレッスンについてはレッスン開始時間の前日22:00までに当ウェブ上で予約しなければなりません。但し、指定の予約時間を過ぎた後でも、オンライン通話サービス上等で講師がレッスン時間、条件を承諾した場合には、その承諾を以て予約完了とします。
• 2項
乙は、前項の予約を7日先まで行うことができるものとします。同時に予約可能なレッスン数の上限は、3レッスンまでとします。
• 3項
甲は、やむを得ない事由により担当講師によるレッスンの実施ができない場合、別の講師によるレッスンの実施、または当該レッスンのキャンセルを行うことができるものとします。
• 4項
乙は、レッスンが代講になる場合、当該レッスンの開始前にオンライン通話サービス上で講師にキャンセル希望を伝えることにより、当該レッスンをキャンセルすることができるものとします。
<第10条>
レッスンのキャンセル
• 1項
乙は、12:00から24:00までのレッスン契約について、当日3時間前までならキャンセル可能なものとします。キャンセルは当ウェブ上から甲が定める手続きによって乙が実施するものとします。
キャンセル可能な時間を超えてからのキャンセルの場合、レッスンポイントは返還されません。
• 2項
乙は、6:00から11:30までのレッスン契約について、前日22:00までキャンセル可能なものとします。キャンセルは当ウェブ上から甲が定める手続きによって乙が実施するものとします。キャンセル可能な時間を超えてからのキャンセルの場合、レッスンポイントは返還されません。
<第11条>
Skypeの利用
甲が提供する中国語レッスンは第三者が提供する当社指定のオンライン通話サービスを利用して行われます。乙は同サービスの利用に際し、下記内容について同意しなければなりません。
①オンライン通話サービスを提供する第三者の定める利用規約、使用条件に従うこと。
②乙は中国語レッスンを受ける前にあらかじめオンライン通話サービスのソフトウェアのダウンロード、インストール、機能等について確認すること。
③乙は中国語レッスンを受ける前にあらかじめオンライン通話サービスのソフトウェアのダウンロード、インストール、設定、動作確認を自己の責任と裁量において行うこと。
④レッスン開始後に発生したオンライン通話サービス、ソフトウェアの不具合について、甲は一切の責任を負わないこと。
⑤オンライン通話サービスを通じて講師から発送されたファイル、URLを開く場合、全て自己の責任で行うこと。
⑥オンライン通話サービスに関する相談、問合せについて、甲が対応する義務を負わないこと。
<第12条>
レッスンポイント
• 1項
当サービスにおいて中国語レッスンを受講する為には、各講師に対して『レッスンポイント』の支払いが必要となります。乙はレッスンポイントを当ウェブ上において、甲の指定する決済方法により、甲の指定するまとまったポイント数にて購入するものとします。
• 2項
レッスンに必要なレッスンポイントは甲が別途定める講師規定において規定する範囲内において、各講師が決定するものとします。
• 3項
乙が講師とのレッスン契約を完了した時点で、乙が保有するレッスンポイントから当該レッスンに必要なレッスンポイントが差し引かれるものとします。レッスン契約については、下記を以て完了とします。
①当ウェブ上において予約を完了した時
②講師との直接のやり取りの中で双方がレッスン時間、条件に付いて同意した時
<第13条>
レッスンポイント購入
• 1項
乙は、レッスンを受けるにあたり、事前に甲の指定する決済方法に従いレッスンポイントを購入しなければならないものとします。
• 2項
レッスンポイントの購入代金は甲が別途定める場合を除き、1レッスンポイントを1円とします。(消費税別)
• 3項
乙はレッスンポイントの購入を希望する場合、当ウェブサイト上において甲の指定する決済方法に従って自ら購入します。
• 4項
乙はレッスンポイント購入の際、以下のいずれかの決済方法により代金を支払うものとします。
①銀行振り込みによる支払い
②乙の本人名義のクレジットカードによる支払い
③FastPayによる支払い
• 5項
乙は、甲が別途認める場合を除き、レッスンポイント購入の撤回および取り消しができないことにあらかじめ同意します。
<第14条>
レッスンポイント購入の取り消し
甲は、以下の各号のいずれかに該当する場合、乙に事前の通知をすることなく、レッスンポイントの抹消その他適切な措置をとることができるものとします。
①レッスンポイントの購入が乙以外の第三者により行われたことが判明した場合
②購入申込の際に乙が入力した内容に虚偽、誤記又は入力漏れがあったことが判明した場合
③レッスンポイントの購入代金の支払に他人名義のクレジットカードが利用されたことが判明した場合
④その他、レッスンポイントの抹消その他適切な措置をとることが必要であると当社が判断した場合
<第15条>
レッスンポイントの有効期間
レッスンポイントの有効期限は購入ポイント数に応じて30日~180日とし、甲がレッスンポイントを発行した日から30日~180日が経過した時点で当該ポイントは消滅するものとします。
なお、有効期間の加算日は、最後にレッスンポイントを購入した日付を起算日として、その際に購入したレッスンポイント数に基づいて算定されるものとします。
<第16条>
レッスンポイントの管理
• 1項
乙は、レッスンポイントの管理について、一切の責任を負うものとします。
• 2項
レッスンポイントの使用上の過誤又は第三者の不正使用等による不利益、損害、改ざん等については、レッスンポイントを保有する乙が責任を負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
• 3項
乙は、レッスンポイントが第三者により無断で使用される等の不正使用がなされていることを発見した場合、当社へ直ちに連絡するものとし、当社から指示がある場合はこれに直ちに従うものとします。
• 4項
乙は、第三者によりレッスンポイントが不正に使用された場合を含め、いかなる理由によってもレッスンポイントの再発行がなされないことにあらかじめ同意するものとします。
• 5項
レッスンポイントの計算上小数点が発生する場合は、小数点切上により整数の金額に丸めて計算するものとします。
<第17条>
レッスンポイントの返還
• 1項
以下の各号のいずれかに該当する事態が発生した場合、乙は甲に対してレッスンポイントの返還を求めることができるものとします。
①成立後のレッスン契約が甲又は講師側のみの都合でキャンセルされ、その事実に基づき、事実から1週間以内に乙が甲に対してレッスンポイントの返還を請求した場合
②レッスン中に講師側のみに起因する事由によりレッスン契約で定められていたレッスン時間のうち累計20%に相当する時間分のレッスンの遂行が妨げられ、その事実に基づき、事実から1週間以内に乙がレッスンポイントの返還を請求した場合
• 2項
甲は、以下の各号のいずれかに該当する場合、乙に対し、甲が必要と判断する情報の提供を請求することができるものし、生徒は当該請求に直ちに応じなければならないものとします。
①乙又は講師が成立後のレッスン契約をキャンセルした場合
②レッスン契約で定められていたレッスン時間のうち累計20%に相当する時間分のレッスンの遂行が妨げられた場合又はその可能性があると甲が判断した場合
③講師が講師規約に違反し、又は違反している可能性があると当社が判断した場合
④その他、当社が必要と判断した場合
• 3項
本条に該当する事態が発生したか否かについては、甲が乙及び講師双方に対し最大の誠意を持って調査した結果、甲が最終的に判断することとし、乙及び講師はこれに従うものとします。
<第18条>
レッスンポイントの払い戻し
一度購入されたレッスンポイントの払戻は行わないものとします。
<第19条>
休会・退会
• 1項
乙が一定期間レッスンを受講できない場合、下記の条件にて休会を申請できるものとします。
①乙の保有レッスンポイントが5000ポイント以上
②休会期間の前後180日間に休会を行っていないこと
•2項
休会可能期間は20日間以上40日未満とします。
•3項
休会の申請は乙によりお問い合わせページから行われるものとし、甲が休会期間確定のメールを発送した時点で確定するものとします。
再開についてはこの際に決定した期間に基づき自動的に行われるものとします。また、休会期間が終了する前であっても、乙からの再開申請があった場合には再開できるものとします。
•4項
休会の申請は事前に行われるものとし、過去に遡っての休会は不可であるものとします。

•5項
退会の申請は乙によりお問い合わせページから行われるものとし、甲が退会受付のメールを発送した時点で確定するものとします。
退会が確定した場合、会員資格を喪失した時点をもって中国語レッスンサービスの一切の権利を失うものとし、甲に対していかなる請求を行うことができないものとします。

•6項
退会が確定した時点で乙の会員アカウントは削除され、保有するレッスンポイントは有効期限に関わらず失効するものとします。
当該削除により乙が損害を被った場合でも、甲は一切の責を負わないものとします。

<第20条>
登録情報の取り扱い
• 1項
甲は、乙の登録情報を当サービスの提供の目的にのみ使用するものとします。
• 2項
甲は、乙の登録情報を乙の事前の承諾なく第三者に開示しないものとします。ただし、以下に該当する場合は、この限りではありません。
1. 法令等に基づき開示を求められた場合。
2. 公的機関より開示を求められた場合。
3. 当サービスの提供の目的で当サービスの一部を委託する第三者に提供する場合。
• 3項
甲は、乙の登録情報のうち、「個人情報」に該当する情報について、プライバシーポリシーに則り取り扱うものとします。
<第21条>
当サービスの中断・終了
• 1項
甲は、事前に当ウェブ上での掲示または乙への電子メールの送信により通知をすることで当サービスを中断または終了できるものとします。また、オンライン通話サービスの障害、国内外の政治情勢・自然災害等、提供するサーバー等の障害またはその他やむを得ない事由により当サービスの提供が困難な場合、予告なしに当サービスを中断することができるものとします。
• 2項
乙は、中国の春節を始めとする祝祭日期間には提供可能なレッスン数が通常より著しく減少する可能性があることに予め同意するものとします。
<第22条>
当サービスの変更・追加・廃止
• 1項
甲は、乙にに事前に通知することなく、本サービスの内容・サービス価格等を変更又は追加することができるものとします。
• 2項
甲は、講師に通知することにより、本サービスを廃止することができるものとします。
<第23条>
損害賠償責任
甲は、乙が当利用規約に違反した場合、乙に対して、同違反行為により生じた直接または間接的な損害または損失の賠償を請求できるものとします。
<第24条>
電子メール・アップロードされた情報等
甲は、乙または講師その他の第三者が作成した電子メール又はアップロードされた情報等の内容については、一切の責任を負わないものとします。
<第25条>
著作権および所有権
当サービスに関する商標、ロゴマーク、記載等およびサービス上において提供する情報等の著作権、所有権は全て甲に帰属します。 これらを乙が甲に無断で使用することを禁じます。
<第26条>
免責事項
乙は、下記の各条項に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、甲がいかなる賠償責任も負わないことに予め同意します。
1.以下の状況を始めとする状況により、当サービスの利用に際し、満足な利用ができなかった場合
①急激なユーザー数の増加により、提供レッスン数が減少した場合。
②中国の春節を始めとする祝祭日期間に提供レッスン数が減少した場合。
③乙が希望する特定の講師のレッスンが予約できなかった場合。
④乙が希望する特定の時間帯に当サービスが予約または利用できなかった場合。
⑤通信障害等の講師の事情によりレッスンまたはチャットを中止せざるを得なかった場合。
⑥中国側における通信障害や停電等の不可抗力によりレッスンまたはチャットを中止せざるを得なかった場合。
⑦乙のメッセージやデータへの不正アクセスや不正な改変、その他第三者による行為に起因する場合。
2.甲が提供するサービスおよび教材の学習効果、有効性、正確性等。
3.第三者が提供するオンライン通話サービスの不具合により利用できなかった場合。
4.乙の自己責任で受信したファイル、URLを開いたことにより発生した不具合・トラブル。
5.講師によるキャンセルまたは振替レッスンとなる場合。
<第27条>
当利用規約の変更
甲は、乙に対して何ら通知を行うことなく当利用規約を変更することができるものとします。変更後の利用規約は、当ウェブ上に掲載された時点、または、甲が電子メールを介して乙に対して情報を発信した時点で効力を生じるものとし、乙は、同変更方法に予め同意する ものとします。
<第28条>
準拠法および専属的合意管轄裁判所
当利用規約は、日本国法に準拠して解釈されるものとします。また、甲および乙は、当サービスまたは当利用規約に起因もしくは関連して甲と乙の間で生じた紛争の解決について、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とすることに予め合意するものとします。
付則 本規約は2015年12月1日より実施いたします。